今も、人気が衰えないのがグリーンスムージーです。
もともとは、アメリカのローフードとして考案がされたものです。
このローフードとは、食材を過熱せず、生の状態で食べるということが始まりです。
毎日の体を作るのは、食事からの栄養がエネルギーになっています。
その中でも、近頃は野菜不足になっている傾向とされています。
1日に野菜を、350gも食べることは通常では無理があります。
たまに、食べることは可能でも毎日となるとやはり一般的には困難な状態です。
その野菜を無理なく食べることができるのがグリーンスムージーの効果です。
効果は多くあり、医学的にも立証されているものもあります。
女性には、嬉しい健康的にダイエットができるだけでなく便秘改善にも役立ちます。
そして、今大きな問題になっている生活習慣病の予防効果もあるとされています。
がん予防や糖尿病の発病リスクの減少なども、医学的に認証されています。
このように、手軽に自宅で作ることができるグリーンスムージーですが効果はとてもたくさんあります。
ただ、注意したいのが非加熱で作ることです。
野菜や果物は、熱を加えることで大切な栄養が破壊されまた酵素もなくなることになります。