野菜嫌いな子供に、手軽に野菜を摂取させる方法として、野菜ジュースはぴったりかもしれません。でも、特に手作りの場合は、あれもこれもと欲を出してしまい、手当り次第に様々な野菜を混ぜてしまいがちです。味に敏感な子供にとって、野菜ジュースは組合せによっては飲みにくいものになってしまいますから、まずは、手作りの野菜ジュースというものが、こんなにも美味しいのだと思ってもらうことができるようなレシピで作ってみましょう。
野菜の味がダイレクトに伝わるジュースでは、素材選びも大切なポイントといえるでしょう。同じ野菜であっても、苦みが強いものとそうでないものがありますから、ジュースにする前に、生の状態で味見してみることが大切です。
また、野菜の味だけでなく、食感に対しても敏感なのが子供です。食物繊維が多くて飲みづらかったりするような場合には、味が美味しかったとしても、あまり飲まない可能性もあるので、適度なバランスが必要といえます。もちろん、食物繊維は大切な要素ですが、始めは、なるべく飲みやすいような工夫をしてあげると良いかもしれません。また、最初から野菜だけで作ると、大人にとっても飲みにくいジュースとなることもあります。ですので、果物などと混ぜても良いでしょう。

野菜や果物が持つ栄養素の中には、加熱処理をすることで質が低下したり、最悪壊されてしまうものもあります。
そこで欧米人は作物の栄養素をできるだけ豊富に取り入れられるようにとスムージーを発明。
その魅力は各国に伝わり、我が国日本でも食生活にグリーンスムージーを取り入れる方が増えてきています。

そのままでも豊富な栄養を持つグリーンスムージ―ですが、飲み方を少し工夫するだけでより効果を高めることが確認されています。
その方法というのは、空腹時にグリーンスムージーを飲んだ後は最低でも40分間は他の食べ物や飲み物を摂取しないこと。
「そんな簡単なこと?」と思われるかもしれませんが、人間は空腹時に食べ物を摂取した方が栄養素の吸収率が高いのです。
なので小腹がすいたから…とお菓子やジャンクフードを食べずにスムージー単体に置き換えることが良策です。
からっぽの胃腸に流し込まれたビタミンやミネラルは時間をかけて吸収された後体内を巡り、様々な効能をもたらしてくれるのです。

現代人の野菜不足はずっと囁かれ続けており、事実便秘や肌荒れに悩まれる方は少なくありません。
グリーンスムージ―はカットした具材をミキサーに入れればすぐできる手軽さですので、忙しい方にもおすすめの健康法です。

ローフードやスムージーは、デトックスとしての役割があると考えられます。体に溜まった老廃物を外に出すのです。また、それらに含まれる植物由来の抗酸化物質が、体を守る働きをしていると考えられます。
私たちの体では、食事からエネルギーを取り出す過程でたくさんの副産物が出ます。体には、その副産物を上手にリサイクルしたり、無毒化して外に出すなどしたりするシステムが備わっています。不要なものであるのに、外に出すことができない物質というのは、体にとっては異物です。宿便など、毒素を放つ場合もあるでしょう。それを排除しようと、毒素などに反応して免疫細胞などが活動しますが、この働きには活性酸素が必要になります。活性酸素には善の役割もあり、体から0にしなければいけない物質というわけではありません。ですが、過剰になれば体がサビる原因となります。私たちの体を形作る細胞のDNAや、その膜を傷つけてしまうのです。老廃物が溜まっているということは、体内で慢性的に活性酸素が出続けていることになります。
ローフードやスムージーによる好転反応とは、老廃物を体内から排泄する、または溜まりにくくすることで得られるものと考えられます。また、抗酸化物質を摂取することにより、活性酸素のもつ負の作用を中和してくれる効果もあると思われます。

グリーンスムージーを作り置きしていると、時間がたつにつれ葉物野菜や果物がどんどん劣化していき、せっかくの栄養素が失われてしまいます。これは、空気中の酸素と食品の成分が結合して変質・劣化するという現象が大きく関与しています。グリーンスムージーは、単なるスムージーとは違い栄養価が大切な要素となっていますので、作ったらすぐに飲むのが原則です。
とはいえ、忙しい朝などに飲もうと思えば、作り置きができないのはとても不便です。そこでおすすめなのが家庭用食品真空パック機やキャニスターといった最先端調理器具を利用するという方法です。食材の劣化を防ぐことが出来るので、作り置きすることが可能です。家庭用食品真空パック機は完全な真空状態ではないので、できるだけ早く飲むことが望ましいですが、キャニスターであれば開封しなければ冷蔵庫で1週間程度の保存が可能です。家庭用食品真空パック機なら、比較的安価な値段で売られています。
最先端調理器具を購入するのが難しい人は、レモンなど抗酸化作用が強い食材を入れ、劣化しにくいグリーンスムージーを作るというのもおすすめです。グリーンスムージーは繊維も多く比較的劣化しにくいので、前日の夜に作り翌日の朝に飲む程度であれば問題ないともいわれています。

ローフードとはそのまま直訳すると「生の食べ物」となり、いわゆる加熱していない食べ物のことを指します。果物や野菜をそのまま食べたり、お刺身を食べたりするのがこれに当てはまりますが、どうしてローフードに注目が集まっているのかと言うと「酵素」の健康パワーや美容効果が優れているからです。
体の新陳代謝を高める作用があり、グリーンスムージーなどで摂取するとダイエット効果があるとしてセレブや芸能人たちにも人気ですが、これは茹でたり焼いたり加熱すると栄養素が失われてしまうため、生のままミキサーやジューサーでグリーンスムージーを作って飲むと効果的だといわれているのです。
生のままだと野菜臭いのでは、と思われがちですが、バナナやリンゴなど甘みのある果物を少量加えることで飲みやすさがアップするため、野菜嫌いの人でも気軽に飲むことが可能です。加熱していないため日持ちはしません。そのため作り置きはしないで作ったらすぐに飲んだほうが栄養素の損失も少なく済むためおすすめです。
寒い季節などは加熱していないと飲んだときに冷たさを感じることもあるため、出来るだけ常温に戻してから作るのも良いでしょう。ローフードは衛生面でのチェックを欠かさずに作ると安心です。

今美容やダイエットで注目のグリーンスムージー。野菜や果物で手軽に作れるので取り入れやすいです。しかし野菜や果物なら何でも良いというわけではありません。グリーンスムージーには向いている野菜と向いていない野菜があります。
向いているのはクロロフィルを多く含んだ緑の野菜です。クロロフィルは体内の毒素などを排出する作用を高めるものです。そのため緑の野菜は必ず使います。向いていない野菜はでんぷん質を多く含む野菜です。なぜなら体内にガスが溜まってしまう原因になってしまうからです。グリーンスムージーは野菜と果物を組み合わせて作ります。果物の果糖とでんぷん質が合わさるとガスを発生させてしまいます。そのためでんぷん質の多い野菜は避ける必要があります。その野菜はカボチャやとうもろこし、白菜などです。ブロッコリーやキャベツは緑の野菜なので、クロロフィルが多く、向いている野菜と思われますが、これらの野菜もでんぷん質が多いため、あまり向いていません。また根菜類もでんぷん質が多い野菜です。食物繊維が多いため向いていると勘違いされますが、クロロフィルも少なく効果が期待できません。組み合わせる野菜に注意して、新鮮な材料を使いましょう。

美容や健康の為にグリーンスムージーを日頃から飲んでいる人もいます。
選ぶ野菜によっては青臭くなりすぎてしまったり、苦みが強くなってしまう事も少なくありません。
出来るだけ毎日継続する為にも、それほど癖がない飲みやすい材料を用意してグリーンスムージーを作りましょう。

向いている野菜の一つは、ほうれん草です。
実際に食べてみるとそれ程苦みも感じないので、癖がなく使いやすい野菜です。
また小松菜も癖が少なく、使いやすいものです。
また小松菜自体はカルシウムなども豊富に含まれているので、なかなか牛乳を飲まなかったり小魚を食べないという人にもお勧めしたい野菜です。
グリーンスムージーで使いやすい野菜は、濃い緑色はしていてもそれ程苦みが強くない物と言えます。
またそれ程水分を多く含んでいない物の方がすりつぶした後も苦み等が広がりにくいので便利です。

ただ野菜だけではどうしても青臭く飲みにくいので、ここで甘味を感じる事ができる果物をうまく活用すべきでしょう。
お勧めなのはバナナやりんごです。
これらは甘味も強く、野菜との相性も良いのでとても使いやすい物となっています。
またバナナなどは便通を良くする効果も期待できるだけでなく、ある程度のカロリーもあるのでグリーンスムージーを利用して置き換えダイエットをしようとしている人にも良い果物です。

毎日の健康のために積極的に野菜を摂取するのはとても良いことです。しかし、一日に推奨されている栄養素分の野菜をそのまま食べることになると、かなりの量になってしまうた、困ってしまうことも多いものです。そんな時にグリーンスムージーを選ぶのは賢い選択肢です。グリーンスムージーならば無理なく野菜を摂取することができますし、ジュース感覚で食事と組み合わせることができて便利です。
そんなグリーンスムージーを作る時には、一般的にミキサーを利用します。ミキサーはブレンダーと呼ばれることもあり、古くから多くの方に愛用されている機器です。食物繊維をそのまま残すグリーンスムージーの場合には、目が荒くなるミキサーの方が適しています。
熱を加えると栄養素が壊れてしまうような果物を混ぜたい時には、ジューサーを利用してみると良いでしょう。こちらはかなり細かくゆっくりと加工するため、フレッシュさを維持したまま果物をジュースにしたい時に向いています。
洗う手間を考慮しなければ両方を組み合わせることで美味しく栄養価の高いものができあがりますが、基本的にはミキサーで十分です。
興味がある方はこうした機器を上手に利用し、気軽にグリーンスムージー作りにチャレンジしてみてはいかがでしょうか。

グリーンスムージーは健康や美容にとても良い効果があるため、忙しい毎日を送っている人は特に摂取したいものです。
グリーンスムージーの効果的な飲むタイミングは、胃に何も入っていない朝です。グリーンスムージーの栄養素は体に行き渡り、朝食代わりに飲むのが良いタイミングです。
グリーンスムージーの材料は、常温の葉物野菜、果物、水で作ることが最も効果的です。水の代わりに牛乳やヨーグルトを加える方法もありますが、乳製品は葉物野菜や果物と比較すると消化に時間がかかるため、水だけで作ることが良い選択です。
割合は、葉物野菜6で果物は4程度が理想ですが、飲みにくい場合は、果物6、野菜4にしてフルーツを多めの比率にしても問題ありません。慣れてきたら野菜が多い比率にしていきます。
飲む摂取量は、1日1リットルから2リットルが理想的です。ただし、日中にグリーンスムージーを持ち歩いて飲むことはできないため、まずは毎朝コップ1杯から始めて、継続して摂取することが健康や美容のためにも大切です。
毎日続けて摂取することで体内のデトックスを促進させて、食物繊維も取れるため便秘も解消します。また、グリーンスムージーは最大限の栄養を吸収するために、グリーンスムージーを飲む前後40分間は何も食べないようにして、常温のグリーンスムージーをゆっくり飲むことも大切なことです。