野菜や果物が持つ栄養素の中には、加熱処理をすることで質が低下したり、最悪壊されてしまうものもあります。
そこで欧米人は作物の栄養素をできるだけ豊富に取り入れられるようにとスムージーを発明。
その魅力は各国に伝わり、我が国日本でも食生活にグリーンスムージーを取り入れる方が増えてきています。

そのままでも豊富な栄養を持つグリーンスムージ―ですが、飲み方を少し工夫するだけでより効果を高めることが確認されています。
その方法というのは、空腹時にグリーンスムージーを飲んだ後は最低でも40分間は他の食べ物や飲み物を摂取しないこと。
「そんな簡単なこと?」と思われるかもしれませんが、人間は空腹時に食べ物を摂取した方が栄養素の吸収率が高いのです。
なので小腹がすいたから…とお菓子やジャンクフードを食べずにスムージー単体に置き換えることが良策です。
からっぽの胃腸に流し込まれたビタミンやミネラルは時間をかけて吸収された後体内を巡り、様々な効能をもたらしてくれるのです。

現代人の野菜不足はずっと囁かれ続けており、事実便秘や肌荒れに悩まれる方は少なくありません。
グリーンスムージ―はカットした具材をミキサーに入れればすぐできる手軽さですので、忙しい方にもおすすめの健康法です。

コメントを受け付けておりません。

コメントを受け付けておりません。