ローフードとはそのまま直訳すると「生の食べ物」となり、いわゆる加熱していない食べ物のことを指します。果物や野菜をそのまま食べたり、お刺身を食べたりするのがこれに当てはまりますが、どうしてローフードに注目が集まっているのかと言うと「酵素」の健康パワーや美容効果が優れているからです。
体の新陳代謝を高める作用があり、グリーンスムージーなどで摂取するとダイエット効果があるとしてセレブや芸能人たちにも人気ですが、これは茹でたり焼いたり加熱すると栄養素が失われてしまうため、生のままミキサーやジューサーでグリーンスムージーを作って飲むと効果的だといわれているのです。
生のままだと野菜臭いのでは、と思われがちですが、バナナやリンゴなど甘みのある果物を少量加えることで飲みやすさがアップするため、野菜嫌いの人でも気軽に飲むことが可能です。加熱していないため日持ちはしません。そのため作り置きはしないで作ったらすぐに飲んだほうが栄養素の損失も少なく済むためおすすめです。
寒い季節などは加熱していないと飲んだときに冷たさを感じることもあるため、出来るだけ常温に戻してから作るのも良いでしょう。ローフードは衛生面でのチェックを欠かさずに作ると安心です。

コメントを受け付けておりません。

コメントを受け付けておりません。