今美容やダイエットで注目のグリーンスムージー。野菜や果物で手軽に作れるので取り入れやすいです。しかし野菜や果物なら何でも良いというわけではありません。グリーンスムージーには向いている野菜と向いていない野菜があります。
向いているのはクロロフィルを多く含んだ緑の野菜です。クロロフィルは体内の毒素などを排出する作用を高めるものです。そのため緑の野菜は必ず使います。向いていない野菜はでんぷん質を多く含む野菜です。なぜなら体内にガスが溜まってしまう原因になってしまうからです。グリーンスムージーは野菜と果物を組み合わせて作ります。果物の果糖とでんぷん質が合わさるとガスを発生させてしまいます。そのためでんぷん質の多い野菜は避ける必要があります。その野菜はカボチャやとうもろこし、白菜などです。ブロッコリーやキャベツは緑の野菜なので、クロロフィルが多く、向いている野菜と思われますが、これらの野菜もでんぷん質が多いため、あまり向いていません。また根菜類もでんぷん質が多い野菜です。食物繊維が多いため向いていると勘違いされますが、クロロフィルも少なく効果が期待できません。組み合わせる野菜に注意して、新鮮な材料を使いましょう。

コメントを受け付けておりません。

コメントを受け付けておりません。