野菜嫌いな子供に、手軽に野菜を摂取させる方法として、野菜ジュースはぴったりかもしれません。でも、特に手作りの場合は、あれもこれもと欲を出してしまい、手当り次第に様々な野菜を混ぜてしまいがちです。味に敏感な子供にとって、野菜ジュースは組合せによっては飲みにくいものになってしまいますから、まずは、手作りの野菜ジュースというものが、こんなにも美味しいのだと思ってもらうことができるようなレシピで作ってみましょう。
野菜の味がダイレクトに伝わるジュースでは、素材選びも大切なポイントといえるでしょう。同じ野菜であっても、苦みが強いものとそうでないものがありますから、ジュースにする前に、生の状態で味見してみることが大切です。
また、野菜の味だけでなく、食感に対しても敏感なのが子供です。食物繊維が多くて飲みづらかったりするような場合には、味が美味しかったとしても、あまり飲まない可能性もあるので、適度なバランスが必要といえます。もちろん、食物繊維は大切な要素ですが、始めは、なるべく飲みやすいような工夫をしてあげると良いかもしれません。また、最初から野菜だけで作ると、大人にとっても飲みにくいジュースとなることもあります。ですので、果物などと混ぜても良いでしょう。

コメントを受け付けておりません。

コメントを受け付けておりません。